花の巻

さしま地域は、関東のほぼ中央に位置し、季節ごとに多彩な花にあふれたところ。あたり一面が花に包まれる、広大な花畑は圧巻の一言です。

日本一の花桃 古河総合公園 見頃3月下旬~4月上旬 古河市

矢口桃

源平桃

約2,000本の花桃が美しく咲き誇る古河総合公園。花桃は江戸時代に品種開発された観賞用の桃で、梅の実大の果実をつけます。公園では、毎年3月20日から4月5日まで「古河桃まつり」を開催。野外音楽会や郷土物産品の販売など様々なイベントが行われ、桃まつりを目当てに例年20万人ほどの来訪者が近隣はもちろん、遠方からも訪れます。

数種の花桃が咲き誇ります!


石井 正 さん
(古河総合公園 緑地管理)

古河総合公園には、矢口や菊桃、源平、寿星桃など、数種類の花桃が植えられています。花を咲かす時期が種類によって違うので、それぞれの開花時期に合わせて訪れるとその種独自の美しさを満喫できますよ。園内で私がおすすめするお花見スポットは、池畔に映る花桃が美しい浄円坊池付近や赤・白色の花を付ける「寿星桃」と地面に広がるたまいぶきのコントラストが素晴らしい旧正門付近です。

桃林今昔ものがたり

天保の頃、桃の植え替えを機に花見の名所となった桃林。明治時代には、観桃会のため上野駅から臨時列車が走るほど賑わったそう。戦時中、食糧増産のため麦畑や陸稲に変えられた桃林は、開園に合わせ現在の姿に復元されました。

料金 入園無料
定休日 無休
交通 JR宇都宮線古河駅から徒歩約35分、または車で約10分。東北自動車道久喜ICから約30分、館林ICから約25分
TEL 0280-47-1129

300万本の花々とポピー 小貝川ふれあい公園・フラワーゾーン 見頃5月中旬~5月下旬 下妻市

ボランティアグループ「小貝川ふれあい花の会」によって種まきや除草などを施され管理されているお花畑。この下妻市が誇るお花畑はとても広大です。季節には咲き誇る花々で色鮮やかなお花のじゅうたんを楽しむことができます。春はポピーをはじめ約300万本の色とりどりの春の花々がハーモニーを奏でます。

広い! とにかく爽快な気分を満喫


脇田 仁 さん
(小貝川ふれあい花の会 会長)

「花のまち・しもつま」を彩る、約300万本が咲く花園を目指してます。5ヘクタールの広大な敷地に百花繚乱のごとく咲き乱れる様を是非一度鑑賞してみてください。

料金 入園無料(花の基金100円にご協力をお願いします)
定休日 無休
交通 常磐自動車道谷和原ICからR294号線で約40分。関東鉄道常総線下妻駅からタクシーで約10分
TEL 0296-43-2111(下妻市都市整備課)

河川敷を埋め尽くす菜の花 境町利根川河川敷 見頃4月上旬~4月中旬 境町

春の訪れとともに利根川河川敷一面に広がる黄色いお花畑。かわいらしい菜の花の背景には、凛とした佇まいの関宿城を望めます。写真愛好家が集う絶好の撮影スポットで、冬になると澄み切った空には、富士山の姿も。「富士山・城・川」を撮影できる場所として、関東の富士見百景のひとつにも指定されました。

交通 JR宇都宮線古河駅から境車庫行バス「境町」下車、徒歩約3分。または、東武伊勢崎線・東武日光線東武動物公園駅から境車庫行バス「境町」下車、徒歩約3分
TEL 0280-81-1319(境町観光協会)

さかい菜の花フェスティバル

会場 境町利根川河川敷
期間 4月上旬~4月中旬
時間 10:00~15:00
定休日 雨天順延

関東最大級のこぶし 中の島公園 見頃3月下旬~4月中旬 五霞町

中の島公園は利根川と江戸川の分岐点にある緑に囲まれた公園。桜や菜の花など多くの花や樹木、近くには歴史的建造物の関宿水閘門もあります。その中でも一際目立つのが樹形の美しさに定評のある大コブシ。早春に他の木々に先駆けて白い花を梢いっぱいに咲かせ
る姿は本当に見事です。

樹齢推定80年~100年のコブシ

このコブシは高さ13メートルで、公園に隣接する関宿水閘門が建設された昭和2年頃に植樹されたものといわれています。コブシの名は実が握りこぶしに似ているからついたとか。青空だったら白いコブシがとても綺麗に映えます。

料金 入園無料
定休日 無休
交通 東北自動車道加須ICからR125号線から4号線に経由して40分。東武日光線幸手駅からタクシーで約20分
TEL 0280-84-1111(五霞町役場産業課)

県内最大級の江戸彼岸花 歓喜寺 見頃3月中旬~3月下旬 坂東市

樹齢400年といわれる歓喜寺の老木は江戸彼岸桜。その名のとおり、春の彼岸の頃に見頃を迎え、大振りの枝の端々にまで愛らしい花を咲かせます。県内最大級を誇るその大きさは、幹周り約5.5m、樹高約18m。木から少し離れないと、見渡すことができません。見事な双幹が美しいこの桜は、昭和52年に市の天然記念物に指定されています。

夜桜のライトアップは圧巻

堂々と枝いっぱいに咲く江戸彼岸桜が開花中、夜から朝方にかけてライトアップされます。夜空を背景に立体的に浮かび上がるその様は圧巻の美しさ。存在感のある見事な姿を見せます。

息吹き返した桜


神島裕基さん
(歓喜寺 住職)

この桜は400余年の年月を生きていますが、日当りが良すぎる・突風が吹くといった悪条件、さらには周辺の地面が踏み固められており、私がここで勤めるようになった頃、桜は悲鳴をあげているような状態でした。しかし、ご近所の造園業の方や樹木医さんたち、さらには市や県までも巻き込んでたくさんのご縁とタイミングに恵まれ、あっという間に工事の段取りがつき、桜は息を吹き返してきました。近頃、いつの間にか「良縁がある」という口コミが広がっているようで、たくさんの人が訪れてくれるようになりました。でも、お寺は公共の場だと思っているので、行事毎だけでなく、こうしてたくさんの人が来てくれることがとても嬉しいです。

ひと足早い開花

江戸彼岸桜の花は薄紅または白色。オオシマザクラと交配して生まれたのがソメイヨシノです。他の種類の桜に比べ1週間から10日ほど早く咲きはじめ、人々に春の訪れを知らせます。

料金 境内無料
交通 常磐自動車道「谷和原IC」から車で約20分
TEL 0297-20-8666(坂東市商工観光課)

庭園を埋め尽くすバラ ローズガーデン坂野 見頃5月~6月・10月下旬~11月下旬 常総市

この美しいバラが咲くのは、約3,000㎡の里山を生かして造られたオープンガーデン。オールドローズやモダンローズ、約500品種(約1,000株)ものバラの花が開花します。バラ以外にも紫陽花や草花、また樫やナラ、クヌギなどの木々も植えられており、天気の良い日は高木から溢れる木漏れ日が花を照らしています。

庭園をこよなく愛でる

この美しい庭園を思う存分楽しめるよう、シーズン中はガーデンカフェを開設。バラの香りに包まれながら優雅なティータイムを楽しめます。

料金 無料(一般個人宅のため入園は無料ですが、バラ募金へのご協力をよろしくお願いいたします)
時間 9:00~18:00(冬季は~16:00)
定休日 不定休
交通 常磐自動車道谷和原ICから車で約30分、または関東鉄道常総線水海道駅からタクシーで約20分
TEL 090-2484-4605

愛情を込めて育てられたバラ


坂野 武美 さん
(ローズガーデン坂野 代表)

ここにはオールドローズもモダンローズも咲きます。オールドローズというのは、原種~1867年までのバラのことで、香りがよく古く長く愛されてきたバラです。高級食器などにも描かれているんですよ。枝が長いので、網に絡ませたりアーチにすることもできるのですが、朝顔のように勝手に巻き付いてはくれないので、冬の間に美しく咲いてくれるようしっかりと巻き付けてあげないといけないんです。これが本当に大変作業です。他にも、秋にも咲く華やかなモダンローズを草花と一緒に育てているので、イングリッシュガーデンのようになりますよ。

ちょっと足を延ばして 豪農・坂野家の館

近隣にある坂野家住宅は、およそ1haに及ぶ広大な坂野家のお屋敷。江戸時代後期に母屋を大幅増築しており、見応え抜群です。昭和43年に国指定重要文化財の指定を受け、現在は水海道風土博物館として一般公開されています。

料金 大人300円、学生100円
時間 9:00~17:00(11~3月は~16:00)
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)
交通 水海道駅からタクシー約20分
TEL 0297-24-2131

ホームページ

河川敷を染めるポピー 鬼怒フラワーライン 見頃5月中旬~5月下旬 下妻市

鬼怒川河川敷に広がる15,000㎡のフラワーラインには、5月中旬から下旬にかけてポピーが咲き誇り、「花とふれあいまつり」が開催されます。この時期にあわせてお花畑の上空には鯉のぼりが飾られ、風に泳ぐ優美な姿と色鮮やかなポピーの花々とのコラボレーションを楽しむことができます。

河川敷の上には鯉のぼりが舞う


飯島 順一 さん
(花と1万人の会 会長)

広々とした河川敷に咲き誇る花々はほんとうに色鮮やかで美しい光景です。例年5月中旬「花とふれあいまつり」が開催されます。皆様ぜひお出かけください。

交通 常磐自動車道谷和原ICからR294号線で約40分。関東鉄道常総線宗道駅からタクシーで約5分
TEL 0296-43-2111(下妻市都市整備課)

古代を偲ぶ大賀蓮 古河総合公園 見頃7月上旬~7月下旬 古河市

約3,000㎡の蓮池いっぱいに咲く大賀蓮は、大賀一郎博士が古代蓮の実を発掘して発芽させたそうです。淡く艶やかな色彩の花びらと明るい緑のコントラストが見事です。蓮池を眺めれば、2,000年の時を経て優美な姿を見せる大賀蓮に圧倒されるはず。蓮の花は、午後には閉じてしまうため午前中の観賞がおすすめです。

料金 入園無料
定休日 無休
交通 JR宇都宮線古河駅から徒歩約35分、または車で約10分。東北自動車道久喜ICから約30分、館林ICから約25分
TEL 0280-47-1129

秋風に揺れるコスモス 小貝川ふれあい公園・フラワーゾーン 見頃9月上旬~9月下旬 下妻市

下妻市が誇るこのお花畑はボランティアグループ「小貝川ふれあい花の会」によって種まきや除草などが施され管理されています。秋には筑波山を望む広々とした畑にピンクや白のコスモスが涼しげに揺れて、訪れる人々を包み込みます。

料金 入園無料(花の基金100円にご協力をお願いします)
定休日 無休
交通 常磐自動車道谷和原ICからR294号線で約40分。関東鉄道常総線下妻駅からタクシーで約10分
TEL 0296-43-2111(下妻市都市整備課)

境内を飾る真っ赤な彼岸花 弘経寺(ぐきょうじ) 見頃9月中旬 常総市

徳川家康の孫、千姫の菩提寺として知られる弘経寺は、春は桜、秋は彼岸花の鮮やかな色が境内を彩ります。本堂の左手奥には千姫の御廟があるほか、千姫姿絵なども伝えられています。

料金 境内無料
交通 常磐自動車道谷和原ICから車で約15分、または関東鉄道常総線水海道駅からタクシーで約15分
TEL 0297-24-0895

幸手自慢の桜 権現堂公園(幸手権現堂堤) 見頃3月下旬~4月上旬 幸手市

約1kmも続く権現桜と菜の花の華麗な色彩に圧倒されます。

第80回 幸手桜まつり 3月26日(金)~4月9日(金)

料金 入園無料
交通 JR東武日光線幸手駅から徒歩約30分、または五霞町役場行バス「権現堂」から徒歩約1分。東北自動車道久喜ICから幸手方面へ約20分。
TEL 0480-43-1111(幸手市観光協会)

2haを埋めつくすかたくり 万葉自然公園 かたくりの里 見頃3月中旬~4月上旬 佐野市

約150万株もの日本有数の規模で群生するかたくりの花が最盛期を迎えます。

佐野スプリングフラワーフェスティバル2010 かたくりの花まつり 3月12日(金)~4月4日(日)

料金 入園無料(駐車料金:普通車500円、マイクロバス1,000円、大型バス2,000円)
交通 佐野駅からタクシーで約20分、東北自動車道佐野藤岡ICから車で約10分。佐野駅から無料シャトルバス運行(3/20~31)
TEL 0283-61-1129(佐野市観光課)、0283-21-1187(花の期間中のみ)